スポンサードリンク

2008年02月24日

日経225の夜間取引延長?

日経225先物の取引時間の延長が検討されているようです。

大阪証券取引所は、主力のデリバティブ(金融派生商品)で24時間取引態勢を構築する方針などを盛り込んだ2011年3月までの中期経営計画を発表しました。約130億円かけて次世代システムを構築するそうです。
デリバティブは現在、午後4時半〜7時まで行われている日経225の先物とオプション、日経225miniなどの夜間取引の延長に加え、海外取引所にも大証と同じ商品を上場するなどの連携によって、取引の24時間化を推進する。

次世代システムでは、処理速度を大幅に向上させ、投資家の利便性向上につなげる。導入時期ははっきりとは決まっていないようで投資家のニーズを見ながら検討していくようです。

この他に、4月からは海外市場のETF(上場投資信託)が取引できるようにするなど、商品の拡充にも力を入れるそうです。

大阪証券取引所は記者会見で、国内の取引所と積極的に連携を図る一方、デリバティブを中心に「グローバルに存在感のある取引所を目指す」と強調しています。

日経225先物も24時間取引されるようになるのかな。

今のところ、夜間の取引時間の延長だけの用だけど、24時間取引ができる体制が整うのかもしれないね。

24時間できるようになったら、1日中相場に張り付くことはできないので、システムトレードをするほうがいいかもしれないね。


posted by 日経225先物 at 14:10 | 日経225先物関連ニュース

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。